全ての言葉はさよなら

楽しいことを押し付けていく

終わらない夏休みを生きるモブたるモブを愛す

脇役であること

f:id:mah_gm:20200804110758j:plain


自分では物語の主役になれない。自分の人生なのになぜ自分は脇役なのだろう。どうしてあの人ばかりいい思いをするんだろう。なんでなんでなんで。うまく眠れず思いつめても、でもそこに答えはない。し、多分答えなんて要らない。我らモブの民は、誰か主役級の人の物語の中では取るに足りない存在なんだろう。認めてしまおう。自分から進んで認めれば、これ以上傷つくことも無い。

さて、終わらない夏休み。友だちと過ごす、永遠の夏休み。妖怪ウォッチ4ではそれが手に入る。

妖怪ウォッチにおいては、シリーズを通じて、日本の街並みの中を自由に歩き回れるという魅力がある。その辺についてはキヨ (id:wagahaiblog)さんがすでに書いているので参照されたい。
wagahaiblog.hatenablog.com

もう一つの魅力として、モブが全員結構な濃さで話す、ということが挙げられる。通常RPGにおいてモブたちは、攻略のヒントを教えてくれたり、ささいな一言を発するだけだったりして、人生の物語性を反映されることはない。しかし妖怪ウォッチシリーズでは、モブたちが自由気ままに結構喋る。そういうことから、モブと話す中で、脇役なりのその人の人生をはっきりと垣間見ることができる。

それでいいじゃん、わたしたちも。脇役でいいじゃん。それでもはっきりと生きてると思っていいじゃん。いちいち傷つく必要無いじゃん。じゃん。

妖怪ウォッチ4++の名脇役10選

というわけで、妖怪ウォッチ4++ における個人的に好きなモブ、ベスト10を挙げて、人生の脇役のみなさんにとっての希望となりたい。

10位 本当にめんどくさいこと(過去 さくら元町(過去は冬なのです))

f:id:mah_gm:20200804111003j:plain
f:id:mah_gm:20200804120943j:plain

「夏休み」と言いつついきなり冬で大変申し訳ない。このゲームでは過去だけ季節が冬なのだ。

それにしても分かりみが深い。しかしオイシックスを導入することでわたしは「献立を決める」「買い物に行く」というプロセスをスキップしているのでこの悩みは無くなった(自分語り)。ぜひみなさんにもオススメしたい。

9位 妹の裏切り(過去 さくら元町(過去は冬なのです))

f:id:mah_gm:20200804105906j:plain
f:id:mah_gm:20200804105434j:plain
f:id:mah_gm:20200804105403j:plain
f:id:mah_gm:20200804105303j:plain
f:id:mah_gm:20200804105319j:plain

また冬で大変もうしw(ry

そしてこれはひどい。そもそも雪だるまに隠すという発想がひどい。それに対する妹の仕打ちはもっとひどい。兄妹間のこうした思惑違いは割と頻繁に起こる。でもこのお兄ちゃんなら、テストの点数がバレて親に怒られても、妹を殴ったりしなさそう。

8位 スイーツはコンビニ(未来 新元町商店街

f:id:mah_gm:20200804112728j:plain

これは真理。個人的にはセブンイレブンの金のシリーズが好きで、金の最中は昨夏5回くらい食べた気がする。太るわけだ。

7位 ポチャ界のホープ(未来 龍見川・南)

f:id:mah_gm:20200804111500j:plain

得意げで非常にカワイイ。告白を受けたのか断ったのかはたまた保留にしたのか。いずれにせよ他人からの好意が即自己肯定感につながるところに健全さを感じる。

6位 レベル5お約束の(現代 おおもり山)

f:id:mah_gm:20200804111623j:plain
f:id:mah_gm:20200804111649j:plain

唐突なダジャレはレベル5の十八番。なんとなく安心してしまう。今月リリースされる妖怪学園もどうでもいいダジャレがやたら出てくるので楽しみ。

5位 ついていきます!(妖魔界 過去)

f:id:mah_gm:20200804112915j:plain

いやー、亡霊番長かっこいい。守られたい。でも番長って不良か。不良は嫌だな。

4位 すっからかん(未来 新元町商店街

f:id:mah_gm:20200804113002j:plain
リアル小学生でかわいい。お小遣いの額に差があるからこういうことは結構起こるけれど、ゲームって後ろから見ているだけでも面白いから偉大だ。

3位 猫おじさん(現代 さくらニュータウン

f:id:mah_gm:20200804113109j:plain
f:id:mah_gm:20200804113154j:plain
f:id:mah_gm:20200804113142j:plain

哀愁があってキモカワイイ。近所にいきなり猫語で話しかけてくるおじさんいたらダッシュで逃げるけど。

2位 いくつになっても(現代 さくらニュータウン

f:id:mah_gm:20200804113357j:plain
f:id:mah_gm:20200804113344j:plain

年をとったとき、こういうおばあちゃんになりたい。年齢を言い訳に何かを放り出すのはやめて、常に楽しんで生きていければいいと思う。んだけど、ステイホームですっかりすっぴんTシャツジーパンである。

1位 実は両思い(現代 さくらニュータウン

f:id:mah_gm:20200804120312j:plain
f:id:mah_gm:20200804115841j:plain
f:id:mah_gm:20200804115902j:plain
f:id:mah_gm:20200804120021j:plain
f:id:mah_gm:20200804115917j:plain
f:id:mah_gm:20200804115943j:plain

この二人のことはぶっちぎりで好き。可愛すぎる。甘酸っぱい。まさに青春の入り口。二人は両思いなのだけれど、通じ合ってないので片思いが二つあるってだけで、まだそれがどう進展していくか分からない。上手くいかないルートもきっとあって、でもどんな経過を辿ったとしても、どんな結果が待っていたとしても、この二人は大人になってもこの恋のことを覚えていれると思う。

番外編 根暗……(妖魔界 過去)

f:id:mah_gm:20200804120534j:plain
f:id:mah_gm:20200804120601j:plain

モブではなく強烈な個性の闇キュウビ。橋の上で黄昏ているだけなのだけれど、醸し出す中二感が半端なく、刺さる。

モブで行こうぜ!

そういうわけで、人生は十人十色。脇役にもそれなりの矜持があるさ。

わたくしからは以上です。



明日からですよ!